2019年08月05日

アカムツ釣り

2019.07.25(木)

 二カ月ぶりの沖釣りでした、前回はバッテリーが不調だったので、用意していったバッテリーに交換して、船外機は一発始動で風もなく、8:00前には釣り場に着き、釣りを始めることが出来ました。
アカムツの釣果は4人で1匹と最悪でした。
この時期として、クロシビカマス・メダイが釣れましたが、前回と違いサバの姿は有りませんでした。

釣果は、クロシビカマス・ユメカサゴ・メダイ・シロムツでした。
IMG_20190725_152807.jpg

◆一番上が「クロシビカマス」
IMG_20190725_152830.jpg
クロシビカマスは細長く、体色は金属感のある黒色で、大陸棚縁辺に生息し、夜間は水面近くまで浮上し、小魚などを食べる魚食性で、相模湾から九州南岸の太平洋沿岸、水深150〜750メートルで釣れます。

◆一番下が「メダイ」
IMG_20190725_152814.jpg
三枚に下ろして、皮を引くと、一見、ブリに近い色合いと身質をしていて、脂がほど良くのっていました。

◆赤い魚「ユメカサゴ」はフライに、目が大きく光っているシロムツは三点盛りのお造りにしました。

今回の料理
クロシビカマス・メダイ・シロムツの三点盛り
・一番手前「クロシビカマス」たたき風
IMGP3718.JPG
・左側「メダイ」
IMGP3721.JPG
・右上側「シロムツ」
IMGP3725.JPG

メダイのガブト焼き
IMGP3735.JPG


クロシビカマスのアラ汁
IMGP3745.JPG

久しぶりに美味いお刺身をいただきました。

posted by tarou at 16:56| Comment(5) | 今日は海釣り

2019年05月11日

アカムツ釣り

2019.05.05(日)

 令和になって初めての釣りで、期待したとうりの凪で沖釣りが出来ました。
1月以来の釣りで、バッテリー上がりも有って、出船は7時を回ってしまいましたが、スタートしてすぐに、相方がアカムツを続けて釣り上げました。
その後は、鯖ばかりが続き、錘が降りて行かない状態が続きましたが時々シロムツが混ざりました。
12:00を回った頃に私の竿にアカムツの当たり、どうにかお土産を取ることが出来ました。

釣果は、サバ・アカムツ・シロムツでした。
IMGP2997.JPG
サバは、量が多かったので頭・内臓は取って持ち帰りました。

◆アカムツ
 季節を問わず脂が乗っていて、日本各地で人気がある魚です。
IMGP2994.JPG

◆シロムツ
 普通は20cm前後、大きくても30cm以下で、シロムツとは俗称・総称でオオメハタ、ワキヤハタが本名のようです。淡白な白身ですが、ほど良く脂もあり塩焼きや煮付け、酒蒸し、天ぷらも美味しいようです。
IMGP3012.JPG


◆今回の料理
 サバ・シロムツのお造り
IMGP3048.JPG


シロムツの塩焼き
IMGP3024.JPG

アカムツ・シロムツの炙り丼
IMGP3129.JPG

サバの竜田揚げ
IMGP3084.JPG

〆サバの押しずし(炙りも)
IMG_20190508_124033.jpg

おまけのアサリの酒蒸し(野島のアサリ、頂き物です)
IMGP3027.JPG

美味しいお魚をたくさんいただきました。
posted by tarou at 09:17| Comment(4) | 今日は海釣り

2019年02月18日

アマダイ釣り

2019.01.30(水)

暫くお休み中だった、海釣りの再開でしたが、アマダイは空振りでした。
晴れ予報でしたが昼過ぎまで、北風が強めの曇り空でアマダイ釣りには向かなかったようです、小物ばかりでしたが、久しぶりのお魚を楽しむことが出来ました。

釣果は「アカボラ・タマガンゾウ・レンコダイ・トラギス」
imgp001.jpg

◆アカボラ
沿岸域の砂地などにいる魚で、透明感のある白身で、天ぷら・刺身・煮つけ・干物にしても美味しい。imgp002.jpg
imgp003.jpg

◆タマガンゾウ
干し物にして食べると美味しいようですが、小さかったの唐揚げにして骨まで頂きました。

imgp004.jpg
imgp005.jpg
◆レンコダイ
小さい物ばかりだったので、三枚におろし酢じめにしました。福井・京都でも有名な小鯛の笹漬け風にして頂きました。
imgp006.jpg
imgp007.jpg
◆クラカケトラギス
関東圏では天婦羅ねたとして使われ、白身のクセがない味です。

imgp008.jpg
imgp009.jpg
◆レンコダイのお吸い物
レンコダイの頭・中骨から出汁を取った澄し汁、薬味はネギとゆずにしました。
imgp010.jpg

初釣りは美味しいお魚フルコースご馳走様でした。
アマダイは、光が差していないと海底にの砂に掘った穴の中から出て来ない様であろ。


posted by tarou at 18:57| Comment(2) | 今日は海釣り