2017年09月27日

浅場釣り

2017.09.24 佐島、浅場釣り

今回は、メンバーが揃わなかったので、浅場でカワハギをメインに試し釣りをしました。
カワハギは、定置網周りでコンスタントに釣れましたが、午後からは新しいポイントを探し、根回りの釣りにチャレンジでした。

imgp001_サイズ変更.jpg

釣果は、イサキ・オニカサゴ・ホウボウ・クラカケトラギス・カワハギでした。

imgp002_サイズ変更.jpg

■イサキ(Chicken grunt)
 体長40cm以上になり、目がやや大きく、成魚は全体に青灰色で、幼魚、若魚はやや明るい茶色で濃い褐色の縞文様が縦に走る。

■オニカサゴ(Hairy stingfish)
 水深5〜171メートル、流通量が少なく、高級魚のひとつ。

imgp003_サイズ変更.jpg

■ホウボウ(Bluefin searobin)
 60センチ近くになり羽がある。頭が大きく四角い、やや細長い。
 非常に上質の白身で江戸時代には、「君の魚」といって上流階級の食べるものとなっていた。

imgp004_サイズ変更.jpg

■カワハギ(英名/Threadsail filefish, Leatherfish, Filefish)
 25センチ前後になり、円形に近く側扁する。鱗は小さな棘状で外皮は厚い、これがザラザラしている。
 国内の沿岸に普通に見られる魚で、味のいいことが広く知られている。秋から冬にかけてが美味で、ふるくはそれほど値の張る魚ではなかったが、近年秋から冬のカワハギは驚くほど高価になる。

◆今回の料理

imgp005_サイズ変更.jpg
イサキとカワハギのお造り

imgp006_サイズ変更.jpg
ホウボウの鍋

imgp007_サイズ変更.jpg
カワハギ・アラの味噌汁

美味しくいただきました。
以上


posted by tarou at 10:11| Comment(2) | 今日は海釣り
この記事へのコメント
やはり船釣りは釣り物も多いですね。
一度は釣ってみたいホウボウですが、やはり綺麗な魚ですね。
お造りだけでもお酒が進みそうですね(^_^)
Posted by kou at 2017年09月28日 21:25
kouさん おはようございます。

 ホウボウのコブ締めも美味しいそうですが、
今回は手間を掛けずに鍋にしてしまいました。
しめは、定番のぞうすいにして、汁も残さず美味しく頂きました。
魚も油がのりはじめて、美味しい季節ですね(^_^)v
Posted by tarou at 2017年09月29日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: