2018年03月02日

アカムツ釣りに再チャレンジ

2017.2.28

今年初めての海釣り、アカムツ・アマダイ狙い。九州では低気圧の接近で荒れ模様になる予報でしたが、天気図を見るとこちらは高気圧が二つ並び、夜までは北・北東の風2mの予報でした。今回は、天気予報が当たり一日釣り日和で、潮は澄み水温はまだ低い感じでしたが、目標の釣果となりました。

◆アカムツ(ノド黒)ゲット
imgp003.jpg
  ・2017.04.02に釣った以来のアカムツ

◆上から、夢カサゴ・アカムツ・レンコダイ

imgp001.jpg

◆シロムツ・サバ
imgp002.jpg

◆三点盛り(しめサバ・シロムツ・夢カサゴの炙り)
imgp005.jpg

夢カサゴ炙り(拡大)
imgp006.jpg
 噛み切れないほどの弾力が有り、炙ると油がにじみ出てきました。

◆アカムツ・しめサバ炙り丼
 imgp007.jpg
 ご飯に染み出た油が、最高に美味しかったです!!

◆アラ汁
imgp008.jpg

久しぶりの、新鮮なお魚が最高に美味しかったです。

posted by tarou at 11:11| Comment(2) | 今日は海釣り

2017年12月06日

アマダイ・カワハギ釣り

2017.12.03

一か月ぶりの釣り、朝方強めの北の風が吹きましたが、11時頃には風はおさまり釣り日和になりました。
午前中は、アマダイを狙いましたが、小さいのが1匹、レンコダイ・トラギス・アカボラが少し出ました、午後からはカワハギポイントを探し立石・佐島マリーナ沖を流しましたがポイントは見つかりませんでした。

imgp001.jpg

釣果は、アカボラ・アマダイ・トラギス・カワハギ・レンコダイでした。

imgp003.jpg
◆アカボラ(ヒメコダイ)
20センチ前後になるり、紡錘形で全体に赤く、尾鰭は湾入形し上部がヒモ状に伸びる。

imgp002.jpg
◆カワハギ
体はやや平たく、背鰭棘は眼後端の上方にあり、体色は若干の変異があるが、普通は褐色で、暗色縦帯が体側にある。雄の成魚では背鰭の前部軟条が糸状に伸びるが、雌では伸びない。

◆レンコダイ
 今回も、三枚に下し酢でしめて、押し寿司に、頭はうしお汁にして頂きました。



本日の料理
imgp004.jpg
 ◆カワハギ・アボラのお造り
  アカボラの刺身は、甘く美味しかったです。

imgp005.jpg
 ◆トラギスのフライ

imgp006.jpg
 ◆アマダイのレンジ清蒸

imgp007.jpg
 ◆カワハギのあら汁

 今日も、ご馳走様でした。


posted by tarou at 17:42| Comment(2) | 今日は海釣り

2017年11月06日

アカムツ・アマダイ釣り


2017.11.05

台風21号・22号と続き1か月ぶりの釣り、数日前から天気図とニラメッコして、三連休の最終日に出船を決ました。
天候の回復が遅れ沖のアカムツは断念して、アマダイ釣りから始めましたが、北東の風が強く、潮も早く午前中は釣りにはなりませんでした。
3人でアマダイは1匹、私はボウズで、このところ負けばかりです。

imgp001.jpg
釣果は最悪、真鯛(30p)・レンコダイ・トラギスでした。

imgp002.jpg
◆真鯛
赤く、背中などにコバルト色の斑紋が散る。目の上にはアイシャドウのような濃い筋がある。
水深30メートル前後から200mの岩礁域、砂礫底、砂底。稚魚、幼魚はより浅場にいる。

imgp003.jpg
◆トラギス
 トラギスの仲間は、どれも美しい白身で味わいが上品だ。
 皮目にうまみがあるので天ぷはうまい。
 塩焼きもいいのだけど、干物にした方が美味。
 刺身にするとやや淡白に過ぎる。昆布で締めると絶品となる。
 他には煮つけ、フライ、唐揚げ。
 今回はフライにして頂きました。

◆レンコダイ
 今回も、三枚に下し酢でしめて、押し寿司に、頭はうしお汁にして頂きました。

本日の料理
 imgp004.jpg

imgp006.jpg
 ◆鯛の生き造り

 imgp005.jpg
 ◆トラギスのフライ他

imgp007.jpg 
◆レンコダイ(頭)のすまし汁

鯛の身は漬けにして、お茶づけにしても食べましたが、最高でした(^_-)-☆
最悪の釣果でしたが、夕飯を美味しく頂きました。



posted by tarou at 16:48| Comment(2) | 今日は海釣り